ウィルチェアー(車いす)ラグビー

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウィルチェアー(車いす)ラグビー

バスケットボールと同じ広さのコートで、車いすに乗った4人対4人で対戦。ドリブルやパスを駆使してボールを敵陣のゴールまで運び、得点を競う。1ピリオド8分を4ピリオド行う。 選手には障害の程度によって1人ずつ持ち点が付く。出場選手の合計点に上限があるため、四肢に様々な障害がある選手それぞれに活躍のチャンスがある。 パラスポーツで唯一、車いす同士の接触が許され、タックルの激しさから「マーダーボール」(殺人球技)と呼ばれた歴史を持つ。

(2018-10-17 朝日新聞 朝刊 1道)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィルチェアー(車いす)ラグビーの関連情報