ウィルヘルム ヒス(英語表記)Wilhelm His

20世紀西洋人名事典の解説

ウィルヘルム ヒス
Wilhelm His


1863 - 1934
医学者。
元・バーゼル大学教授,元・ゲッティンゲン大学教授,元・ベルリン大学教授。
バーゼル大学教授やゲッティンゲン大学教授、ベルリン大学教授を歴任する。脊椎動物の心臓を研究し、心臓の刺激伝導系の発見で有名である。心筋線維束にヒスの名が付けられている。同姓同名の父ウィルヘルム・ヒスは発生学者で発生の仕組みの研究で有名である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android