コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィレム1世(沈黙公) ウィレムいっせい[ちんもくこう]Willem I, de Zwijger; Prins van Oranje

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィレム1世(沈黙公)
ウィレムいっせい[ちんもくこう]
Willem I, de Zwijger; Prins van Oranje

[生]1533.4.24. ディレンブルク
[没]1584.7.10. デルフト
オランダ独立運動の指導者。オランニェ公,ナッサウ伯。西部ドイツのナッサウ伯家に生れ,1544年にオランニェ公領を継いだ。同家はネーデルラントに多くの所領をもつオランダ随一の大貴族。若くして神聖ローマ皇帝カルル5世とその子,スペイン王フェリペ2世に仕え,ホラント,ゼーラント,ユトレヒト3州の総督に任じられた。フェリペのネーデルラント統治が新教徒を弾圧し,中央集権化を意図して大貴族を国政から疎外していることに対し,エフモント伯,ホールネ伯とともに抗議。 66年以降,中小貴族,カルバン派市民らによって激化した反乱を鎮圧するためフェリペが派遣した将軍アルバ公の弾圧政治を恐れて,67年ドイツに亡命し,オランダ国内および亡命したカルバン主義者と連絡をとりながら,反乱を指導した。 72年亡命カルバン主義者らの組織する「ゼーゴイセン (海乞食) 」がゼーラントホラント2州の諸都市を占拠すると,反乱側の指導者として迎えられた。 76年反乱側地域とスペイン支配下の地域との戦争を停止するため「ヘントの平和」を結び,全ネーデルラントの平和と統一の実現に成功した。 79年南部諸州がアラス同盟を結成してカトリック信仰とスペインの支配を確認し,スペイン側と和を結んだことにより,北部7州はユトレヒト同盟を結成,81年スペインから独立したが,ウィレムは一貫して指導に全力を傾けた。 84年デルフトの居館でカトリック教徒に襲われて死亡。ウィレムは知謀すぐれた英雄で,新旧両教の融和と寛容を信条とした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウィレム1世(沈黙公)の関連キーワード月舟寿桂成瀬ダム朝倉義景イワンインカ帝国ウィレムエリザベスカルタヘナ島津義久達延汗