ウィンザー(読み)うぃんざー(英語表記)Windsor

翻訳|Windsor

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンザー(イギリス)
うぃんざー
Windsor

イギリス、イングランド南部、ユニタリー・オーソリティー(一層制地方自治体)のウィンザー・アンド・メイデンヘッドにある都市。ロンドンの西郊約40キロメートルに位置し、テムズ川に臨む。人口2万9900(2002推計)。イギリス国王の離宮として知られるウィンザー城を中心に発達した観光と商業の町。征服王ウィリアム1世(在位1066~87)の時代につくられた城はテムズ川の南岸に位置する。16世紀にはペストの流行を避けたエリザベス1世がこの城に滞在した。またビクトリア女王夫妻をはじめ多くの歴代イギリス国王の墓地があり、ヘンリー8世やチャールズ1世の墓があるセント・ジョージズ教会は史跡の一つである。また対岸の町イートンには有名なパブリック・スクールのイートン・カレッジがある。[久保田武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウィンザー(イギリス)【ウィンザー】

英国,ロンドン西方,テムズ河岸の都市。ニューウィンザーとも。ウィリアム1世(征服王)以来の英王室の居住地。ウィンザー城,代々の王室墓地がある。現在はロンドンの通勤圏に入り,観光客も多い。近くにイートン校がある。約3万人(2001)。
→関連項目シンプソン夫人

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィンザーの関連情報