コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンザー・チェア Windsor chair

翻訳|Windsor chair

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンザー・チェア【Windsor chair】

17世紀後期にイングランドの地方の挽物師(ひきものし)たちが製作したろくろ加工による素朴ないす。主として田舎の地主階級の邸宅町家の居間や食堂で使われていたが,18世紀になるとその形態も整って旅館のロビーやオフィス,大都市の上流家庭の台所や召使い部屋でも流行し,庶民のいすとして多くの支持を受けた。1720年代にはアメリカにも渡り,このいすの簡素で実用的な形態が植民地の生活様式に適合して,非常な流行をもたらした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウィンザー・チェアの関連キーワードロッキング・チェアピーコックチェアハイウィカム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android