コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンザー・チェア Windsor chair

翻訳|Windsor chair

1件 の用語解説(ウィンザー・チェアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンザー・チェア【Windsor chair】

17世紀後期にイングランドの地方の挽物師(ひきものし)たちが製作したろくろ加工による素朴ないす。主として田舎の地主階級の邸宅や町家の居間や食堂で使われていたが,18世紀になるとその形態も整って旅館のロビーオフィス大都市の上流家庭の台所や召使い部屋でも流行し,庶民のいすとして多くの支持を受けた。1720年代にはアメリカにも渡り,このいすの簡素で実用的な形態が植民地の生活様式に適合して,非常な流行をもたらした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィンザー・チェアの関連キーワードイギリス東インド会社イングランド銀行デーン人ニューイングランドリーズウェセックスグランドデザイングレンコーチッピングカムデン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィンザー・チェアの関連情報