コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーンの舞踏会

1件 の用語解説(ウィーンの舞踏会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウィーンの舞踏会

かつてオーストリアハンガリー帝国で栄華を極めたハプスブルク家や貴族の宮廷文化が始まりで、19世紀ごろには一般大衆にも定着したとされる。現代では、毎年11月中旬から翌年3月に、法律家や医師、消防士、カフェ経営者など様々な職種の団体などが約450の舞踏会を主催。チケットを買えば誰でも参加できる。

(2012-02-16 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィーンの舞踏会の関連情報