コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイグル問題

1件 の用語解説(ウイグル問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウイグル問題

中国の西端にある新疆ウイグル自治区の地域には、イスラム教徒少数民族ウイグル族」が多く住んでいた。新中国成立後、漢族の流入が加速し、民族対立が深まった。ウイグル族による独立の動きが活発化した1990年代以降、漢族への不満を表す騒乱や襲撃が頻発。最近は爆発事件が相次いでいる。

(2014-06-06 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウイグル問題の関連キーワードウイグル烏塁城焉耆回疆タクラマカン哈密ハミ瓜新疆の国境シボ族ウイグル文献

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウイグル問題の関連情報