ウイリー ボボ(英語表記)Willie Bobo

20世紀西洋人名事典の解説

ウイリー ボボ
Willie Bobo


1934.2.28 -
米国のジャズ演奏家。
ニューヨーク生まれ。
別名William Correa Bobo。
独学でドラムスを修得し、マチート楽団のバンド・ボーイをきっかけに、楽界にデビュー。1954〜58年ティト・プエンテ、’58〜61年カル・ジェイダー等のバンドに参加。ニックネーム「ボボ」はメリー・ルー・ウィリアムスによるもので、その後、ラテン、ジャズバンドで活躍。’66年ロサンゼルスで自己のコンボを結成。’70年からボーカルも始め「ジンジ」がヒット。ラテン、R&B、ジャズなどの融合した音楽中心に活動を続けている。「トゥモロウ・イズ・ヒア」「ハロー・ファナクト・トゥ・フォロウ」等の作品がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android