コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイルス性肝炎と救済法

1件 の用語解説(ウイルス性肝炎と救済法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウイルス性肝炎と救済法

患者や感染者の多くは、ウイルスに汚染された輸血や血液製剤により感染したとされる。慢性肝炎から肝硬変、肝がんに進行する危険性が高い。08年成立の薬害肝炎救済法は、ほとんどの患者が対象とならなかった。09年11月に患者支援と医療体制の整備を盛り込んだ肝炎対策基本法が成立。すべての肝炎患者を救う手だてだが、救済の具体策は決まっていない。

(2010-02-14 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウイルス性肝炎と救済法の関連キーワードエイズスローウイルス感染症後天性免疫不全症候群AIDSロタウイルスEBウイルスC型肝炎ウイルスと感染HIV感染者C型肝炎の患者・感染者胎児性水俣病

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone