コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェイガン Weygand, Maxime

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェイガン
Weygand, Maxime

[生]1867.1.21. ブリュッセル
[没]1965.1.28. パリ
フランスの軍人。第1次世界大戦で F.フォッシュ元帥の参謀長。 1919年パリ平和会議のフランス代表。 20年ソ連=ポーランド戦争ではポーランドの国家元首 J.ピウスツキ元帥の軍事顧問。 30年陸軍参謀総長。 31~35年陸軍教育総監兼最高軍事評議会副議長。 35年引退したが第2次世界大戦とともに再召集され,39年近東フランス軍司令官。 40年5月陸軍総司令官。同年6月 P.ペタン政府の国防相として対独降伏を主張。 42~43年北アフリカ軍総司令官として陸軍を再建しようとした際,協定に違反したとしてドイツ軍に逮捕され,ドイツの強制収容所拘禁。 45年アメリカ軍に釈放されたが,反逆罪でフランス政府に再逮捕され,48年大法院で無罪となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウェイガンの関連キーワード1月21日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェイガンの関連情報