コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェストダンバートンシャー West Dunbartonshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェストダンバートンシャー
West Dunbartonshire

イギリススコットランド中西部の単一自治体(カウンシルエリア council area)。行政府所在地ダンバートングラスゴーの北西に位置し,クライド川下流北岸に広がる。北はスコットランド最大の湖ローモンド湖岸に達し,中心部にキルパトリック丘陵とその周辺の低地がある。全域が旧ダンバートンシャー県に属する。1975年の自治体再編でストラスクライド県の一部となり,1996年に単一自治体となった。南部と西部に位置する三つの主要都市アレクサンドリア,ダンバートン,クライドバンク人口の大部分が集中。北部と東部には田園地帯が広がり,高地で牧羊,低地で酪農や野菜の栽培,養豚・養鶏が行なわれる。キルパトリック丘陵は,グラスゴーを中心とした都市部の水源地帯となっている。南東部にある最大都市クライドバンクは第2次世界大戦後数十年にわたり,造船業と重工業の衰退により苦境に陥った。北西部のクライド川沿いにあるダンバートン周辺でもかつては造船が行なわれたが,今日ではサービス業やウイスキーの製造が主産業。ローモンド湖近くのアレクサンドリアでは,観光や軽工業が盛んである。面積 159km2。人口 9万1240(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android