コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェストミンスター大聖堂 ウェストミンスターだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ウェストミンスターだいせいどう【ウェストミンスター大聖堂】

イギリスの首都ロンドンにあるイギリス国教会の教会。イギリス中世を代表するゴシック建築である。1065年にエドワード王(懺悔王)により創建された。1066年以降、イギリスの歴代国王はこの寺院で戴冠式を行ってきた。現在の同寺院は、ヘンリー3世が1245年にフランスの建築家を招いて再建・着工したフランスゴシック様式の建物で、建物のおおよその部分は14世紀末に完成したが、その後も建設が進められ、正面のファザードは16世紀初め、塔は17世紀に完成した。同寺院に隣接して、国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)がある。世界遺産に登録されている。◇別称は「聖ペテロ修道教会」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ウェストミンスター大聖堂の関連キーワードメルボルンの州議事堂ウィリアム テンプルイギリスの国会議事堂トラファルガー広場トリビューンタワージョージ マルコムベントリーハクルートシドナムギル

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android