コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルメード・プレー うぇるめーどぷれーwell‐made play

知恵蔵の解説

ウェルメード・プレー

巧みに作られた劇。フランスのブールバール演劇や英国の風習喜劇以来、現代でもブロードウェーウエストエンドでヒットする劇の多くはこの形式で書かれている。現代の劇作家では、ニール・サイモン、ピーター・シェファーの戯曲などはその好例。類型的で新鮮味に欠ける芝居という批判的な意味合いで使われる場合もある。1980年代以降、日本でも加藤健一事務所などが英米でヒットしたウェルメード・プレーを盛んに上演している。90年代からは三谷幸喜、飯島早苗(自転車キンクリート)、鈴木聡(ラッパ屋)、マキノノゾミ(劇団M.O.P.)など、この系統の書き手が注目を集めている。

(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ウェルメード・プレーの関連キーワードラティガン自由劇場ショー

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android