コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェンブリースタジアム

1件 の用語解説(ウェンブリースタジアムの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウェンブリースタジアム

ロンドン北西部にある競技場。1923年に建造され、イングランド代表チームの国際試合など重要な試合でしか使わないことから「サッカーの聖地」と呼ばれる。48年のロンドン五輪や66年のワールドカップではメーン会場として使われた。2007年にリニューアルされ、9万人を収容できる近代的なスタジアムに生まれ変わった。「ウェンブリー」と名付けられたスパイクが販売されたこともある。

(2012-08-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェンブリースタジアムの関連キーワードグラウンドナイツブリッジハムステッドリトルベニスロンドンアイロンドン大火記念塔ロンドンブーツロンドニア国立代々木競技場パンアテナイ競技場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウェンブリースタジアムの関連情報