ウェーサク祭(読み)ウェーサクさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンスクリット語で Vaiśākha,パーリ語で Vesākhaという月に行われる祭典の意で,釈尊生誕などを祝う祭典のこと。南方仏教では釈尊の成道,入滅もあわせて Wesak祭として記念して行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android