コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェーポイント うぇーぽいんと

世界大百科事典内のウェーポイントの言及

【エリア航法】より

…RNAVと略称される。従来の航行援助無線施設間を結んで設定された航空路にこだわらず,地図上で,ウェーポイントと呼ばれる特定または任意の点を定め,原則としてウェーポイント間を結んだ経路を飛行する。ウェーポイントは緯度・経度座標またはVOR局からの角度と距離測定装置(DME)からの距離で定められ,機上のコンピューターがその情報に基づいて所定のウェーポイント間の飛行経路を算出するもので,慣性航法装置を用いる場合,ウェーポイント間の飛行経路のほか,これと平行な経路を設定する機能を付加することもできる。…

※「ウェーポイント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウェーポイントの関連キーワードエリア航法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android