コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウエアラブルコンピューティング

1件 の用語解説(ウエアラブルコンピューティングの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウエアラブルコンピューティング

小さくなることで身に着けるようになる、近未来のコンピューターの利用烹「ユビキタス」と並ぶ、モバイルコンピューティングの発展型。ウエアラブルをユビキタスの一部ととらえる研究者もいる。塚本教授は、腕時計型、温度センサーの付いた服、ディスプレーを埋め込んだ服なども考えられるという。

(2007-08-27 朝日新聞 朝刊 大学)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウエアラブルコンピューティングの関連キーワードシュリンク姥皮絶えす小さくなる手と身になる身になる落着ける地離れ磨きを掛ける短間隙効果

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウエアラブルコンピューティングの関連情報