ウエジネーニエ島(読み)ウエジネーニエとう(英語表記)ostrov Uedineniya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウエジネーニエ島
ウエジネーニエとう
ostrov Uedineniya

ロシア北部,カラ海中部にある低平な島。ロシア語で「孤島」を意味する島名が示すように,ノーバヤゼムリャーセーベルナヤゼムリャーのほぼ中間に位置する孤島で,面積約 20km2。主として第四紀の砂層から成る。 1878年ノルウェー人によって発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android