コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォシウス Vossius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォシウス
Vossius

[生]1577. ハイデルベルク近郊
[没]1649.3.19. アムステルダム
オランダの人文学者,神学者。オランダ名 Gerhard Johann Voss。ライデンで学び,H.グロチウスと交友を結んだ。 1600~14年ドルトレヒトの高校校長。 15年ライデンのオランダ議会付属神学校理事となったが,アルミニウス派をめぐる論争に巻込まれて 19年辞職。 22年ライデン大学の修辞学と年代記の教授。 29年カンタベリーの非居住参事会員。 32年アムステルダムに新設されたアテネウムの歴史教授。生前は特に古典学と教育学で著名であったが,その学識は学問領域全般に及んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウォシウスの関連キーワード安土桃山時代(年表)スマラガ天荊松永久通鷹巣城七尾城エル・グレコ中国征伐上泉信綱七尾城跡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android