ウォッバーミン(英語表記)Wobbermin, Ernst Gustav Georg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォッバーミン
Wobbermin, Ernst Gustav Georg

[生]1869.10.27. シュテッティン
[没]1943.10.15. ベルリン
ドイツの神学者。ベルリン大学組織神学私講師 (1898) ,マールブルク (1906) ,ブレスラウ (07) ,ハイデルベルク (15) ,ゲッティンゲン (22) ,ベルリン (35) などの各大学教授を歴任。 F.E.D.シュライエルマッハーの学説を受継ぎ,補正,発展させ,独自の宗教心理学的方法「心理学的循環」を確立した。これによってキリスト教の本質解明にあたるとともに,東洋の諸宗教にも関心を示した。著書"Der christliche Gottesglaube in seinem Verhältnis zur gegenwärtigen Philosophie" (02) ,"Systematische Theologie nach religionspsychologische Methode" (I.13,II.21,III.25) ,"Schleiermacher und Ritschl" (27) ,"Das Wort Gottes und der evangelische Glaube" (31) ,"Deutscher Staat und evangelische Kirche" (34) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android