コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォラーステイン,I. うぉらーすていん

世界大百科事典内のウォラーステイン,I.の言及

【近代世界システム論】より

…アメリカの社会学者ウォラーステインImmanuel Wallersteinらが1970年代半ば以降に唱えた歴史観。近代世界が経済的には単一の,グローバルな分業体制に覆われており,諸国の経済は,この世界システムの構成要素としてしか機能しえないとする。…

【経済発展】より

…だが,それにもかかわらず,第三世界の経済の現状を停滞や段階のおくれで説明しようとする俗流の単線型発展論は後を絶たない。 近年における経済発展論の新展開の一つは,従属学派やウォラーステインImmanuel Wallerstein(1930‐ )の〈近代世界システム〉論のような,低開発性を先進資本主義諸国との相互関係においてとらえ直そうとする理論の登場である。それは国民経済の枠をこえて,中心・周辺,あるいは中核・半辺境・辺境の相互関係を理論化し,世界的分業体制のもとでの収奪のなかに低開発を位置づけたのであった。…

※「ウォラーステイン,I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone