ウォルトン(読み)うぉるとん(英語表記)Izaak Walton

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォルトン(Izaak Walton)
うぉるとん
Izaak Walton
(1593―1683)

イギリスの伝記作者、著述家。スタッフォード生まれ。ロンドンで商人として成功し、また詩人や聖職者と親しく交わり、ジョン・ダン、ジョージ・ハーバート、そのほか3人の伝記を書いた。その際、労をいとわず資料を収集して正確な事実の記録に努め、推敲(すいこう)を重ねて文学としての完成を求めたが、有徳の人をたたえて教訓とする意図があって、古い聖徒伝の伝統から抜けきっていない。世俗の喧噪(けんそう)を離れて自然に親しむことを述べた有名な『釣魚大全(ちょうぎょたいぜん)』(1653)の著者でもある。[平 善介]
『戸川秋骨著『ウォルトン』(1935、1980・研究社出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウォルトンの関連情報