コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルビス・ベイ Walvis Bay

世界大百科事典 第2版の解説

ウォルビス・ベイ【Walvis Bay】

アフリカ南西のナミビアにある港町。人口2万1000(1981)。アフリカーンス語ではウォルビスバイ。ナミビア最大の港で内陸への鉄道の起点でもあり,重要な漁業基地として缶詰工場などもある。市街とその周辺1124km2は,1878年に当時ドイツ領だった南西アフリカ内のイギリス領飛地となり,84年からケープ植民地の施政下におかれたため,その後南アフリカ領となった。ナミビア独立問題にからんで領土紛争の争点となったが,1994年南アから正式に返還された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウォルビス・ベイの関連キーワードウォルビス・ベイスワコプムントツメブ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android