コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルフ・フェラーリ Ermanno Wolf‐Ferrari

世界大百科事典 第2版の解説

ウォルフ・フェラーリ【Ermanno Wolf‐Ferrari】

1876‐1948
イタリアのオペラ作曲家。1903‐09年にはベネチアのマルチェロ音楽学校校長,39年からはザルツブルクのモーツァルテウムの作曲教授を務めた。オペラ・ブッファの《聞きたがりの女たち》(1903)でオペラ作家として頭角を現し,その後コミック・オペラの表現法をさらに切りつめたベリズモの方向へと向かい,《マドンナの宝石》(1911)などを書いている。【武田 明倫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ウォルフ・フェラーリの関連キーワードヴォルフ・フェラーリ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android