ウォーカー(読み)うぉーかー(英語表記)Larry Kenneth Robert Walker

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォーカー(Larry Kenneth Robert Walker)
うぉーかー
Larry Kenneth Robert Walker
(1966― )

アメリカのプロ野球選手(右投左打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のモントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)、コロラド・ロッキーズセントルイス・カージナルスでおもに外野手として17年間にわたって活躍した。打率とホームランを両立できる三冠王タイプの打者であり、守備や走塁にも優れる。
 12月1日、カナダのブリティッシュ・コロンビア州メープルリッジで生まれる。メープルリッジ・シニア・セカンダリー高から1984年、ドラフト外でエクスポズに入団。1989年に大リーグ昇格を果たした。1990年からレギュラーとなり、94年まで5年連続して2桁(けた)のホームランと2桁の盗塁を記録した。また、好守と強肩で1992年と93年にはゴールドグラブ賞にも選ばれた。1995年にロッキーズに移籍。打率3割6厘、ホームラン36本、打点101の好成績をあげた。1996年は故障で83試合の出場にとどまったが、97年はあと一歩で三冠王という活躍で最優秀選手(MVP)を受賞。打率3割6分6厘はリーグ2位、ホームラン49本は1位、打点130はリーグ3位であった。1998年と99年は2年連続して首位打者を獲得。1997年からの3年間は、いずれもゴールドグラブ賞も受賞した。2000年は故障で87試合しか出場できなかったが、01年には復活して3回目の首位打者となり、ゴールドグラブ賞も受賞。2002年も同賞を獲得した。2004年の途中からカージナルスに移籍、勝負強い打撃で1982年以来のリーグ優勝に貢献した。2005年は首などを痛め、62試合を欠場、シーズン直後に引退を表明した。
 17年間の通算成績は、出場試合1988、安打2160、打率3割1分3厘、本塁打383、打点1311。獲得したおもなタイトルは、首位打者3回、本塁打王1回、MVP1回、ゴールドグラブ賞7回。[山下 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウォーカーの関連情報