ウォーカー(読み)うぉーかー(英語表記)Peter Walker

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォーカー(Peter Walker)
うぉーかー
Peter Walker
(1932― )

アメリカのランドスケープ・デザイナー。1955年、カリフォルニア大学バークリー校ランドスケープ学科卒業。1956年イリノイ工科大学大学院、1957年ハーバード大学大学院でランドスケープ・アーキテクチャー修士号取得。ローレンス・ハルプリンLawrence Halprin(1916―2009)、ヒデオ・ササキHideo Sasaki(1920―2000)の事務所に勤務。その後SWA(ササキ・ウォーカー・アソシエイツ)のパートナー、マーサ・シュワルツMartha Schwartz(1950― )との共同事務所を経て、1983年ピーター・ウォーカー・アンド・パートナーズを設立。
 ハーバード大学大学院ランドスケープ・デザイン学科教授(1976~1991)、カリフォルニア大学バークリー校ランドスケープ学科主任(1997~1999)を務める。
 アメリカの近代的なランドスケープ・デザインは、「ランドスケープをデザインの芸術として確立することと、社会的な目的に対する献身」という二つの方向を目指したマンハッタン島のセントラル・パークをデザインしたフレデリック・ロー・オルムステッドFrederik Law Olmsted(1822―1903)に始まる。そして1960年代のランドスケープ・デザインは、造園、庭園設計という範疇から大きく踏み出し、都市デザインにおける新しい公共空間のデザインの重要性を考えるようになった。ウォーカーはその中心的存在であるローレンス・ハルプリン事務所で実務についた。ウォーカーは自立後さらにブラジルのランドスケープ・デザイナー、ロベルト・ビュール・マルクスRoberto Burle Marx(1909―1999)やルイス・バラガン、イサム・ノグチの影響を受け、独自のスタイルを確立していった。
 それは幾何学的な要素を用い、ミニマルな操作で既存の環境をまったく新しいランドスケープにつくり変えることである。初期の作品でハーバード大学構内にあるタナー噴水(1985)はその特徴をよく表している。立地は大学構内の建物と建物にはさまれた交差点であり、構内で数少ないオープンスペースであったが、中心性を欠いていた。散策コースとして、読書やくつろぎのスペースとして、交通を妨げることなく、この環境の核になるデザインが求められていたのである。ウォーカーは周囲を大規模に改造することなく159個の自然石を円形状に配置した(一つの石の大きさはおよそ1メートル角)。円の中心部には細かい霧状の水が噴射されるノズルがあり、冬はヒーターで温められた霧は湯気になり、夜間は赤い照明で炎のように見える。その時々で意外な景観が楽しめる。デザインが前に出てくるのではなく、周囲を引き立てることによって、この場所の価値を高めたのである。
 ウォーカーのランドスケープ・デザインの特徴は意外なマテリアルを適切な場所に配置し、その周囲の空間を象徴的な、あるいは芸術的な環境に変貌させることである。使われる素材は樹木や自然石に限らず、水、ステンレスなどがよく登場する。IBMソローナ(1989、テキサス州)、日本アイ・ビー・エム幕張(まくはり)テクニカルセンター(1991、千葉県)、豊田市美術館(1995)、西播磨(はりま)先端技術研究都市(1997、兵庫県)、ソニーセンター(2000、ベルリン)などは、それぞれ個性的な現代建築家とのコラボレーションであるが、建築のデザインとは異なったコンセプトをもちながらも、その周囲の環境を建築に調和させることに成功している。特に谷口吉生(よしお)との共同による丸亀市猪熊(いのくま)弦一郎現代美術館、丸亀市立図書館のランドスケープ(いずれも1991)は、美術館に至る駅前の複雑な景観と動線を見事にまとめ上げ、都市的な環境のなかにおける美術館のあり方を示した。[鈴木 明]
『ピーター・ウォーカー、メラニー・サイモ著、佐々木葉二・宮城俊作訳『見えない庭――アメリカン・ランドスケープのモダニズムを求めて』(1997・鹿島出版会) ▽パコ・アセンシオ編、杉山由夏訳『世界のランドスケープデザイナー』(1996・文献社) ▽「特集 風景創出の現在――ランドスケープ・アーキテクトの挑戦」(『SD』1998年6月号・鹿島出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウォーカーの関連情報