コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォーミングアップ効果 warming-up effect

法則の辞典の解説

ウォーミングアップ効果【warming-up effect】

被験者の反応ははじめは遅く,かつ不規則であるが,やがて能率的,かつ定常的な状態に移行する.これはまた実験的な仕事の実施が遅れて始まる場合にも同じように観測される.反応ははじめ不正確であるが,すぐに効果的な以前の段階を取り戻す.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ウォーミングアップ効果の関連キーワード被験者

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android