コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォール街(Wall Street)

外国為替用語集の解説

ウォール街(Wall Street)

ニューヨーク市マンハッタン島南端の通りの名前。世界の証券・金融の中心地ニューヨーク証券取引所、連邦準備銀行、証券会社、大手銀行などが集中している。17世紀、この地に入植したオランダ人が、先住民族や他国の入植者達から身を守る為に、丸太で防壁を築いたことがWall Streetの由来。1792年5月17日に株式仲買人のリーダー24人が集まり、各自が独自に行っていた証券取引に対して統一ルールを決め、1817年に取引所が設立、以来アメリカ経済の中心地となる。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

ウォール街(Wall Street)の関連キーワードニューヨーク証券取引所(NYSE:New York Stock Exchange)ウォール・ストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)ダウ・ジョーンズ(Dow Jones & Company)ハリマン(Edward Henry Harriman)レナード・(フランシス) ウィーバリーエドマンド・クラレンス ステッドマンマネー・ショート 華麗なる大逆転ウイリアム・エドワード サイモンウォール・ストリート・ジャーナルウォール街オキュパイ(占拠)運動ジェームズ・V. フォレスタルヘンリー(Jr.) ポールソンブル ウォール街への挑戦リチャード ダイサートニューヨーク株式取引所バートン マルキールウォールストリートマンハッタン[区]チャーリー シーンウォール街占拠運動

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android