コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォール街(Wall Street)

1件 の用語解説(ウォール街(Wall Street)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

ウォール街(Wall Street)

ニューヨーク市マンハッタン島南端の通りの名前。世界の証券・金融の中心地。ニューヨーク証券取引所、連邦準備銀行証券会社、大手銀行などが集中している。17世紀、この地に入植したオランダ人が、先住民族や他国の入植者達から身を守る為に、丸太で防壁を築いたことがWall Streetの由来。1792年5月17日に株式仲買人リーダー24人が集まり、各自が独自に行っていた証券取引に対して統一ルールを決め、1817年に取引所が設立、以来アメリカ経済の中心地となる。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォール街(Wall Street)の関連キーワードセントラルパークタイムズスクエアマンハッタンイーストサイドノーホーグラマシーグリニッジビレジトライベッカリトルイタリーマンハッタン・カクテル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone