コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォーレス,A.F.C.(読み)うぉーれす

世界大百科事典内のウォーレス,A.F.C.の言及

【幻覚】より

…機能性幻覚とは,一定の刺激が持続している間だけ幻覚が認められるもの(たとえば水道の音が聞こえている間だけ幻聴があるように)で,反射性幻覚とは,一定の刺激があると反射的に幻覚があらわれるものである。錯覚【保崎 秀夫】
[文化人類学における〈幻覚〉]
 人類学者ウォーレスA.F.C.Wallaceは幻覚を定義して〈擬似知覚pseudo‐perception〉であるとし,夢や催眠的心像もこれに含めている。幻覚は世界各地の民俗慣行とくに民俗宗教において重要な意味をもつ。…

※「ウォーレス,A.F.C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android