コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウガノモク

海藻海草標本図鑑の解説

ウガノモク

付着器は盤状で円錐形。円錐の頂部より円柱状の茎を直立する。茎は1〜2回分岐する。茎から各方面へ主枝を多数出す。主枝の基部は紡錘形に膨らむ。枝は捻 れや稜が見られない円柱状。主枝からは側枝を多数出しさらに小枝へとなる。小枝は藻体の下部のものは葉状となり,上部のものは細い糸状となる傾向がある。 気胞は2〜5個ときにそれ以上が連続した独特の形状をしており,それぞれの気胞の間は緩くくびれる程度で独立はしない。生殖器床は小枝の先端部に細い円柱 状に形成され表面が瘤状に隆起し先端部が細く尖る。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報