コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウクライナへのガス供給停止 うくらいなへのがすきょうきゅうていし

1件 の用語解説(ウクライナへのガス供給停止の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ウクライナへのガス供給停止

ロシアとウクライナ天然ガスの価格をめぐって2005年に交渉を続けたが折り合いがつかず、06年1月1日ロシアがウクライナへの天然ガス供給を停止した。ロシアは天然ガスの値段を千立方メートルあたりそれまでの50ドルから230ドルに値上げしようとしたが、ウクライナはこれを拒否、ロシアがガスの元栓を締めたのである。ウクライナ経由でロシアのガスを購入している欧州諸国にも被害が出て国際的批判を浴び、ロシアは同月3日に供給を再開した。ガス戦争とも呼ばれるこの事件は世界に衝撃を与えた。翌4日、ロシアは中央アジア主としてトルクメニスタンから輸入している安いガスと合わせて95ドルで販売することで妥結したが、ロシア・エネルギーへの国際的信頼は大幅に落ちた。ロシアが4倍以上値上げしても国際価格に近づけたということに過ぎず、ウクライナは値上げ自体は認めざるを得ないと覚悟したが、数年かけて段階的に値上げすることを求めた。これに対して、ロシアはその猶予を拒否し、代わりに36億ドルの融資を提案、交渉は半年も続いていた。この事件が特に注目されたのは、ウクライナに親欧米政権が成立し、それに対するロシアの嫌がらせとみなされたからだ。ウクライナでは04年12月オレンジ革命が生じ、親ロ派勢力を退けて、親欧米派のユーシェンコ政権が成立。ユーシェンコ大統領NATO(北大西洋条約機構)とEU(欧州連合)加盟を外交の最重要課題に挙げた。ウクライナのNATO加盟は、米軍がロシア国境に迫ることを意味し、ロシアが最も神経を尖らせている問題だ。旧ソ連から独立したウクライナは、エネルギーの大部分をロシアからの輸入に頼っている。米国は、ロシアがエネルギーを政治圧力に使っているとしてこれを厳しく批判した。

(袴田茂樹 青山学院大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウクライナへのガス供給停止の関連キーワードNGL天然ガスガス田小ロシアウクライナ岩プライス・ゾーンロシアの天然ガス好況にわくロシア経済

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウクライナへのガス供給停止の関連情報