ウコウク(読み)うこうく

世界大百科事典内のウコウクの言及

【アイヌ】より

…前者では,おもに祭りの中で歌われる〈ウポポ(座り歌)〉と,悪魔払いの呪術的踏舞〈ニウェン・ホリッパ〉や〈タプカル〉に由来する〈リムセ(踊り歌)〉が代表的なもので,その数も多い。ウポポは,円座を組んだ人々が,中央に置かれた行器(ほかい)のふたを軽く叩いて拍子をとりながら歌うもので,旋律を輪唱のように1拍ずつずらして歌い継いでゆく〈ウコウク〉という歌い方に特徴がある。リムセは円陣を組んだ人々が,盆踊のように一定の手さばき,足さばきのパターンを繰り返しながら踊るもので,歌い方は斉唱が多く,ウポポに比べると旋律も単純である。…

※「ウコウク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android