コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウコギ(五加) ウコギAcanthopanax sieboldianus Makino

世界大百科事典 第2版の解説

ウコギ【ウコギ(五加) Acanthopanax sieboldianus Makino】

日本では山村で生垣などに植えられ,時には野生状となっているが,中国原産と考えられるウコギ科の落葉低木。ヒメウコギとも呼ばれる。高さ1~2m,多く分枝し,枝は針状のとげがあり,地についたところから根を出す。葉は5小葉があって毛がなく,長い葉柄がある。5~6月頃,短枝の先に長い柄のある散形花序を作り,淡緑色の小さい花を多数つける。新芽をつんで食用にする。根皮は五加皮(ごかひ)といい,薬用にする。ヤマウコギオカウコギ,ウラゲウコギ,ケヤマウコギミヤマウコギなどが日本に分布し,丘陵や山地の二次林の林床などに野生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone