コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウコギ(五加) ウコギ Acanthopanax sieboldianus Makino

1件 の用語解説(ウコギ(五加)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウコギ【ウコギ(五加) Acanthopanax sieboldianus Makino】

日本では山村で生垣などに植えられ,時には野生状となっているが,中国原産と考えられるウコギ科の落葉低木。ヒメウコギとも呼ばれる。高さ1~2m,多く分枝し,枝は針状のとげがあり,地についたところから根を出す。葉は5小葉があって毛がなく,長い葉柄がある。5~6月頃,短枝の先に長い柄のある散形花序を作り,淡緑色の小さい花を多数つける。新芽をつんで食用にする。根皮は五加皮(ごかひ)といい,薬用にする。ヤマウコギオカウコギ,ウラゲウコギ,ケヤマウコギミヤマウコギなどが日本に分布し,丘陵や山地の二次林の林床などに野生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウコギ(五加)の関連キーワード秋植え植え髭仮植え前栽鉢植え風鈴草船底植え生垣毛替加茂五葉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone