コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウコギ(五加) ウコギAcanthopanax sieboldianus Makino

世界大百科事典 第2版の解説

ウコギ【ウコギ(五加) Acanthopanax sieboldianus Makino】

日本では山村で生垣などに植えられ,時には野生状となっているが,中国原産と考えられるウコギ科の落葉低木。ヒメウコギとも呼ばれる。高さ1~2m,多く分枝し,枝は針状のとげがあり,地についたところから根を出す。葉は5小葉があって毛がなく,長い葉柄がある。5~6月頃,短枝の先に長い柄のある散形花序を作り,淡緑色の小さい花を多数つける。新芽をつんで食用にする。根皮は五加皮(ごかひ)といい,薬用にする。ヤマウコギ,オカウコギ,ウラゲウコギ,ケヤマウコギ,ミヤマウコギなどが日本に分布し,丘陵や山地の二次林の林床などに野生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ウコギ(五加)の関連キーワードバイカオウレン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android