ウスイロジュズモ

海藻海草標本図鑑の解説

ウスイロジュズモ

からだは細い糸状。分枝はみられない。顕微鏡で拡大してみると直径100〜300μmの円柱状からやや樽型の細胞が 一列に配列しているのがわかる。1つの細胞の長さは直径とほぼ同じかやや長い程度のものが多い。糸状の個体はゆるく屈曲しており,それらが多数絡み合って 大きな個体群を形成しているのが観察される。手触りは髪の毛程度の柔らかさ。生体は薄緑色〜明緑色。押し葉標本は台紙につかない。ホソジュズモにも巻きの緩いタイプがあり似ているが、細胞の太さがあきらかにウスイロジュズモの方が細く繊細である。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android