コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスギヌ

1件 の用語解説(ウスギヌの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ウスギヌ

からだは膜状で被針形。分枝はみられないが,裂片が生長し葉状にまでなることがある。縁辺は全縁でゆるく波打つ。先 端と基部に向かって細くなり,基部付近ではごく短い茎状となる。細胞層は皮層に叉状に分岐した細胞列がゆるく並び,表面に近い細胞ほど小さくなる。髄層は 糸状細胞がゆるく存在する。手触りは粘質に富み,非常につるつるしており柔らかい。生体は濃紅色〜紅色。押し葉標本は台紙によくつく。似たものでツルツルがあるが,ツルツルより柔らかく滑らか。また,切片を確認することで判断できる。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウスギヌの関連キーワードイギス木曾谷有爪動物居ても立っても居られない二目と見られない目も当てられないエゴノリトサカノリダハミス岩クロモ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone