コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスタケ(臼茸) ウスタケCantharellus floccosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスタケ(臼茸)
ウスタケ
Cantharellus floccosus

担子菌類ヒダナシタケ目アンズタケ科。夏秋の頃,針葉樹林の地上に生える。漏斗状ないしらっぱ状。高さ7~16cm,径5~12cm。上部は中央が深くへこみ,柄の根もとまで達している。黄土色で赤褐色の斑点がある。柄の色も帯赤褐色。傘の裏にあたる部分はキノコの外側となり,縦に不規則な溝を生じ,この溝の内面に担子器を生じる。胞子紋はクリーム色,胞子は楕円形。食用となる。同属のものにアンズタケがある。これは帯黄橙色,形はやや小さくてアンズの香りがある。ともに北海道,本州,九州に知られ,北アメリカ,ヨーロッパにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android