ウスユキソウ(薄雪草)(読み)ウスユキソウ(英語表記)Leontopodium japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスユキソウ(薄雪草)
ウスユキソウ
Leontopodium japonicum

キク科の多年草で,本州の山地から高山帯にかけて分布する。茎の高さは 20~50cmで,長さ4~6cmの広披針形の葉を互生する。花時には根出葉はない。夏から秋にかけて,茎頂付近で数本に枝分れし,まばらな包葉に包まれた頭花をつける。包葉の表面には汚褐色の綿毛があるが,ミヤマウスユキソウ (ヒナウスユキソウ) などのような白い綿毛が密生しない。このためアルプスの花として著名なエーデルワイスと同属ではあるが,エーデルワイスやミヤマウスユキソウのような美しさはない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android