ウスユキソウ(薄雪草)(読み)ウスユキソウ(英語表記)Leontopodium japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスユキソウ(薄雪草)
ウスユキソウ
Leontopodium japonicum

キク科の多年草で,本州の山地から高山帯にかけて分布する。茎の高さは 20~50cmで,長さ4~6cmの広披針形の葉を互生する。花時には根出葉はない。夏から秋にかけて,茎頂付近で数本に枝分れし,まばらな包葉に包まれた頭花をつける。包葉の表面には汚褐色の綿毛があるが,ミヤマウスユキソウ (ヒナウスユキソウ) などのような白い綿毛が密生しない。このためアルプスの花として著名なエーデルワイスと同属ではあるが,エーデルワイスやミヤマウスユキソウのような美しさはない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android