コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスユキソウ(薄雪草) ウスユキソウLeontopodium japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスユキソウ(薄雪草)
ウスユキソウ
Leontopodium japonicum

キク科の多年草で,本州の山地から高山帯にかけて分布する。茎の高さは 20~50cmで,長さ4~6cmの広披針形の葉を互生する。花時には根出葉はない。夏から秋にかけて,茎頂付近で数本に枝分れし,まばらな包葉に包まれた頭花をつける。包葉の表面には汚褐色の綿毛があるが,ミヤマウスユキソウ (ヒナウスユキソウ) などのような白い綿毛が密生しない。このためアルプスの花として著名なエーデルワイスと同属ではあるが,エーデルワイスやミヤマウスユキソウのような美しさはない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android