ウズオビムシ(渦帯虫)(読み)ウズオビムシ

世界大百科事典 第2版の解説

ウズオビムシ【ウズオビムシ(渦帯虫)】

渦鞭毛虫目ウズオビムシ科Peridinidaeに属する原生動物総称(イラスト),または広く渦鞭毛虫類をいう。海,池,湖でプランクトン生活をする。形には円形,紡錘形,円錐形,いかり形などがあるが,体はセルロース性の2以上の多数の殻板で覆われている。殻板の表面には孔紋状の模様が見られる。また殻板には体を取り巻く横溝と短い縦溝があって,横溝の中には1本の横鞭毛が波状になって通り,縦鞭毛は後方へ垂れる。海産のものは発光性を有し,ときに異常発生して赤潮の原因になることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android