コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチョウラン(羽蝶蘭) ウチョウランOrchis graminifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウチョウラン(羽蝶蘭)
ウチョウラン
Orchis graminifolia

ラン科の多年草。関東以西の本州,四国,九州,朝鮮半島南部に分布し,低山の湿った岩壁に着生する。ときに屋根の上に着生することもあり,地域によっては形態の変異が著しい。は高さ 10~20cmでやや斜上し,長さ7~12cm,幅3~7mmの細い葉を2~3枚つける。花期は6~8月。短い総状花序を出して,径 1cmの紅紫色の花を5~10個一方向きに開く。唇弁は大きく3深裂して開出し,距は長く先が彎曲する。この姿が羽を広げた蝶に似ていることから「羽蝶蘭」の名がある。白花品をシロバナウチョウラン,九州黒髪山産の距の短い変種をクロカミラン O.graminifolia var.kurokamianaという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウチョウラン【ウチョウラン(羽蝶蘭) Ponerorchis graminifolia Reichb.f.】

低山の湿った岩壁に生え,やや大型の紅紫色の美しい花をつける小型のラン科植物(イラスト)。和名は羽をひろげたチョウのような花の形による。楕円体状に肥厚した塊根より茎を伸ばす。茎は高さ10~20cm,葉は2~4枚が互生する。葉はイネ科植物に似て,線形で鋭頭,長さ7~12cm。6~7月,直径1.5cmくらいの花を1~十数個つける。花は紅紫色で,背萼片と花弁は長さ約6mm,かぶと状になる。側萼片は開出または後方にそり返る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android