コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチワヤシ(団扇椰子) ウチワヤシLicuala grandis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウチワヤシ(団扇椰子)
ウチワヤシ
Licuala grandis

別名マルハウチワヤシ (丸葉団扇椰子) 。ヤシ科の単幹のヤシ。パプアニューギニア東部のニューブリテン島原産。熱帯樹林下の日陰に生える。長さ 70~90cmの葉柄にはとげがあり,幅約 90cmの大きな掌状葉をつける。掌状葉には細かなひだが入る。幹の直径7~8cm,高さ 1.8m程度の小型のヤシで,半日陰を好むため,鉢栽培しやすい。低温に弱く,冬期は 10℃以上に保つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android