コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウッダーラカ・アールニ ウッダーラカ・アールニ Uddālaka Āruṇi

2件 の用語解説(ウッダーラカ・アールニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウッダーラカ・アールニ
ウッダーラカ・アールニ
Uddālaka Āruṇi

前6世紀頃のインドの哲学者。ウパニシャッドの代表的哲人の一人で,ヤージュニャバルキヤの師匠。一切の現象は,唯一なる有 satから展開したという学説を主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウッダーラカ・アールニ
うっだーらかあーるに
Uddlaka rui

生没年不詳。インド哲学、ウパニシャッドの思想家の一人。クル・パンチャーラ地方出身のバラモンで、父はアルナ、息子にシュベータケートゥまたはナチケータスがあった。ヤージュニャバルキヤをその弟子とすることもある。彼の思想は、現象世界の諸存在はことばによる表示であり、その本質は、精神性を備えた実体的な原理サット(有(う))であると説くもので、サットはすなわちアートマン(我(が))にほかならず、サットからの諸存在の成立を説く。「おまえはそれである」という名言は、その思想のすべてを言い尽くしている。[松濤誠達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウッダーラカ・アールニの関連キーワードウパニシャッドドイッセン優婆尼沙土ベーダーンタ学派《ウパニシャッドより仏教まで》古ウパニシャッド新ウパニシャッド《チャーンドーギヤ・ウパニシャッド》《ベーダの60のウパニシャッド》《マーンドゥーキヤ・ウパニシャッド》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone