ウッデンド岩(読み)ウッデンドがん(英語表記)woodendite

岩石学辞典の解説

ウッデンド岩

噴出岩で化学組成はアブサロカ岩に類似する.しかし鉱物組成には長石が欠けており,輝石,橄欖(かんらん)石が茶色のガラス中に含まれる岩石である[Skeats & Summers : 1912].混成作用によると推測されており,代表的な岩石にはエンスタタイト,橄欖石,緑泥石からなる捕獲岩が含まれている.オーストラリア,ヴィクトリア州のウッデンド(Woodend)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android