ウツボグサ(靫草)(読み)ウツボグサ(英語表記)Prunella vulgaris; heal-all

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウツボグサ(靫草)
ウツボグサ
Prunella vulgaris; heal-all

シソ科の多年草。北半球の温帯に広く分布し,日当りのよい山野の草地に普通にみられる。群生する茎は高さ 10~30cmで,断面は四角形。1~3cmの葉柄のある長楕円状披針形の葉が対生につく。葉の長さは2~5cmあり,全体に白毛がある。6~8月にかけて,茎頂に長さ3~8cmの花穂をつける。包葉はゆがんだ心臓形でその基部に3個ずつの花がつく。花は紫の唇形花であるが,ときに白色,紅色もある。花冠は長さ 2cm,下唇は3裂する。ウツボグサの名は花穂が弓矢を入れる靫 (うつぼ) に似ているためといわれる。高山性で,花が多少大きいタテヤマウツボグサ P. prunelliformisも同属の植物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android