コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウツロムカデ

海藻海草標本図鑑の解説

ウツロムカデ

からだは細い円柱状で中空。分枝は多数みられ,互生または輪生し広い角度を持って出る。枝や小枝が混在するが主枝はわりと明瞭。枝の先端は尖り,基部はく びれる。細胞層は皮層に小さな球形の細胞が並び内部につれて大きな細胞となる。髄部に糸状細胞がみられる。手触りは粘質に富み滑らかで柔らかい。生体は濃 赤褐色〜黄色がかった紅色。押し葉標本は台紙によくつく。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android