コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウナギの生態

1件 の用語解説(ウナギの生態の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウナギの生態

マリアナ諸島沖で卵が孵化し、海流に乗って成長しながら日本近海まで移動する。日本近海でシラスウナギになり、その後は川などで成長を続けるが、生態は未解明な部分が多い。2010年、国内でウナギの完全養殖が成功したが、量産には結び付いていない。11年、マリアナ諸島沖で天然のニホンウナギの卵が発見されている。

(2012-06-26 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウナギの生態の関連キーワードサイパン島カナカテニアン島茹で卵サンタマリア号マッダレーナ諸島ハッチアウトマリアナ[諸島]

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウナギの生態の関連情報