コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミエラ(海鰓) ウミエラsea pen

翻訳|sea pen

世界大百科事典 第2版の解説

ウミエラ【ウミエラ(海鰓) sea pen】

ウミエラ目ウミエラ科Pennatulidaeの1種,または同科に属する腔腸動物(刺胞動物)の総称。ウミエラLeiopterus fimbriatus石狩湾以南に分布し,水深60~730mの砂泥底に柄をつきさして直立している。色は黄白色のものが多い。体は長さ10~20cmで,中心に1本の四角状の骨軸があり,上方約2/3の幹部とその下方の柄部とに分けられる。幹部全体が羽毛状で柄部の先端が細くなっているので,昔用いた羽毛のペンに似るところからこの英名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報