コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミエラ(海鰓) ウミエラ sea pen

翻訳|sea pen

1件 の用語解説(ウミエラ(海鰓)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウミエラ【ウミエラ(海鰓) sea pen】

ウミエラ目ウミエラ科Pennatulidaeの1種,または同科に属する腔腸動物(刺胞動物)の総称。ウミエラLeiopterus fimbriatus石狩湾以南に分布し,水深60~730mの砂泥底に柄をつきさして直立している。色は黄白色のものが多い。体は長さ10~20cmで,中心に1本の四角状の骨軸があり,上方約2/3の幹部とその下方の柄部とに分けられる。幹部全体が羽毛状で柄部の先端が細くなっているので,昔用いた羽毛のペンに似るところからこの英名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミエラ(海鰓)の関連キーワード海鰓海蛇永良部海蛇見え見え海も見えぬに船用意海柳見栄坊柳海鰓みえ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone