ウミオウム(海鸚鵡)(読み)ウミオウム(英語表記)parakeet auklet

世界大百科事典 第2版の解説

ウミオウム【ウミオウム(海鸚鵡) parakeet auklet】

特殊な形のくちばしをした小型のチドリ目ウミスズメ科の鳥(イラスト)。チュコート半島,アナディル湾,アレウト列島プリビロフ諸島など,ベーリング海周辺の海岸や島で繁殖し,冬はやや南へ移動する。日本には数少ない冬鳥としておもに北日本の海上に渡来する。全長約23cm。夏羽では頭部と体の上面は灰黒色,眼の下から白色の飾羽が生じ,胸から腹は白くて胸側と脇には灰黒色の斑がある。くちばしは太くて短く,特殊な形をしており朱赤色,基部には褐色の付属物がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android