コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミタケガイ(海茸貝) ウミタケガイBarnea dilatata(=Barnea japonica)

1件 の用語解説(ウミタケガイ(海茸貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウミタケガイ【ウミタケガイ(海茸貝) Barnea dilatata(=Barnea japonica)】

有明海名産の美味なニオガイ科の二枚貝イラスト)。殻は卵円筒形で長さ8cm,高さ5cm,膨らみ4cmになる。薄質白色で,薄い黄色の皮をかむる。両殻の前後端は広く開き,前端の縁は反転してその上に柳葉形の石灰板がのり,殻表には殻頂から放射肋が出,それと成長脈が交わってとげができるが,前方ほど強い。これを動かして泥を掘る。後端からは2本の水管がくっついて,太くて長い管となり,黒みがかった鞘で包まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone