コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミタケガイ(海茸貝) ウミタケガイ Barnea dilatata(=Barnea japonica)

1件 の用語解説(ウミタケガイ(海茸貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウミタケガイ【ウミタケガイ(海茸貝) Barnea dilatata(=Barnea japonica)】

有明海名産の美味なニオガイ科の二枚貝イラスト)。殻は卵円筒形で長さ8cm,高さ5cm,膨らみ4cmになる。薄質白色で,薄い黄色の皮をかむる。両殻の前後端は広く開き,前端の縁は反転してその上に柳葉形の石灰板がのり,殻表には殻頂から放射肋が出,それと成長脈が交わってとげができるが,前方ほど強い。これを動かして泥を掘る。後端からは2本の水管がくっついて,太くて長い管となり,黒みがかった鞘で包まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミタケガイ(海茸貝)の関連キーワードミルガイ貽貝石馬刀貝鳰貝揚巻貝姥貝海茸貝鴎貝鷺貝皿貝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone