ウミタル(海樽)(読み)ウミタル(英語表記)doliolid

世界大百科事典 第2版の解説

ウミタル【ウミタル(海樽) doliolid】

尾索綱サルパ目ウミタル科Doliolidaeに属する原索動物総称,またはそのうちの1種を指す。世界の大洋の温水域に広く分布し,浮遊生活を行う。ウミタルDoliolum denticulatumは体長3~6mmの寒天質のビヤ樽状で,淡い紫色か紅色。体壁の内側に8個の環状筋がたが状に体の周囲をとりまいており,前に口,後端に排出口がある。環状筋を収縮して水を噴出し,その反動で移動する。鰓裂(さいれつ)は100対に達することがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android