コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミチョウ(海魚虱) ウミチョウ Argulus scutiformis

1件 の用語解説(ウミチョウ(海魚虱)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウミチョウ【ウミチョウ(海魚虱) Argulus scutiformis】

海産魚類の体表につく外部寄生虫の1種で,鰓尾(さいび)目チョウ科の小型甲殻類。ウミチョウは淡水産のチョウに比べて,背甲と腹部が大きい。腹部も非常に幅広く,その後端はとがらずに丸くなっている。体は一様に淡青色を帯び,その上に橙色,紫褐色の色素が種々な程度で存在する。雌は3cmくらいの大きさに達し,鰓尾類中最大であるが,雄は雌の半分くらいの大きさにすぎない。日本近海で,フグ,マンボウなどの体表にふつうに見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウミチョウ(海魚虱)の言及

【チョウ(金魚蝨)】より

…【蒲生 重男】。。…

※「ウミチョウ(海魚虱)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミチョウ(海魚虱)の関連キーワード寄生虫寄生虫病外部寄生駆虫薬内部寄生魚虱肝毛頭虫戦争イソスポーラ密積効果(寄生虫)松原喜代松

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone