コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミチョウ(海魚虱) ウミチョウArgulus scutiformis

世界大百科事典 第2版の解説

ウミチョウ【ウミチョウ(海魚虱) Argulus scutiformis】

海産魚類の体表につく外部寄生虫の1種で,鰓尾(さいび)目チョウ科の小型甲殻類。ウミチョウは淡水産のチョウに比べて,背甲腹部が大きい。腹部も非常に幅広く,その後端はとがらずに丸くなっている。体は一様に淡青色を帯び,その上に橙色,紫褐色の色素が種々な程度で存在する。は3cmくらいの大きさに達し,鰓尾類中最大であるが,雄は雌の半分くらいの大きさにすぎない。日本近海で,フグ,マンボウなどの体表にふつうに見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウミチョウ(海魚虱)の言及

【チョウ(金魚蝨)】より

…【蒲生 重男】。。…

※「ウミチョウ(海魚虱)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android